• トップ
  • 製品一覧
  • パッケージlab
  • ヒトモノコト
  • オンラインショップ
  • お問合せ 03-3912-5131  受付時間 : 8:00〜17:00 月〜金(第4・5土曜日)

豆知識・お役立ち情報

梱包テープの種類まとめ。それぞれの使い方も紹介します!

荷物を梱包するときに必要な物のひとつが、「梱包テープ」。

梱包テープというとガムテープ(クラフトテープ)をイメージする方が多いと思いますが、実は様々な種類の梱包テープがあります。

梱包する際には荷物に合った梱包テープを選ぶことが大切です。まずは、どのような梱包テープがあるのかを確認していきましょう。

今回は、代表的な梱包テープについてご紹介します。

クラフトテープ

クラフトテープは梱包テープのなかで最もよく使われるテープです。

ダンボールに使われることが多いので、宅配便などで、よく目にすることが多いかと思います。ほかの梱包テープよりも軽量で扱いやすく、値段も安いので、大量に梱包する際に役立ちます。

クラフトテープは紙製のため手で切りやすく、梱包作業をスムーズに行えます。 紙でできているので水濡れしやすいと思われるかもしれませんが、クラフトテープの表面は合成樹脂でラミネート加工がされているため、耐水性・耐油性に優れています。

デメリットとしては、テープの上から文字を書くことができない、重ね貼りできない、やや粘着力が弱いことなどが挙げられます。

布テープ

布テープはその名の通り、布に粘着剤を塗布したテープです。クラフトテープよりも粘着力が強く、布目に沿って手で切れるのが特徴です。

テープの表面に文字を書くことができ、重ね貼りも可能となっています。

布テープは非常に使い勝手がよく様々なシーンで活用できますが、特に「取扱注意」など注意書きが必要なもの、やや重量のある荷物を梱包するとき等に役立ちます。ただし、クラフトテープよりも値段が少し高めなのがデメリットです。

OPPテープ

OPPテープは「ポリプロピレン」という樹脂を使った透明のテープです。耐水性・強度が高いのが特徴で、手では切れないのでハサミやカッターが必要になります。 テープが剥がれないよう、しっかりと梱包したい場合にはOPPテープがイチオシです。

OPPテープは透明なので、テープを貼った時に下の文字やイラストなどが隠れません。ダンボール自体に文字やイラストが印刷されている場合は、OPPテープが適しているでしょう。

その他にも、OPPテープは重ね貼りができる、テープの上から文字が書けるなどのメリットがあります。

一口にOPPテープと言っても、様々な厚みのものがあります。厚みがあるものほど強度とコストが高くなりますので、用途に合ったOPPテープを選ぶのがポイントです。 厚みがあるものは重量のある荷物、厚みが薄いものは軽量の荷物に使って、コストを抑えながら上手く梱包しましょう。

OPPテープにオススメの「テープカッター」

OPPテープは透明なので、テープの切れ目が分かりにくくなります。 そこで便利なのが、テープカッターです。テープカッターを使えばテープの巻き付きを防止できるため、切れ目が一目で分かります。

テープカッターにはクラフトテープ用とOPPテープ用がありますが、クラフトテープにもOPP用のテープカッターが使えます。よくOPPテープを使う場合は、スムーズに使えるようにテープカッターの利用をオススメします。

養生テープ

養生テープは、塗装作業や荷物の搬入出などの際に、周囲が汚れたり傷ついたりすることを防ぐためによく使われます。 身近なものでいうと、引っ越しで荷物を運ぶときに、壁や床を傷つけないように敷かれる養生シートを固定するために貼られています。

養生テープは剥がすことを前提として作られていますので、粘着力が弱いのが特徴です。仮止めなどを目的に作られているので、梱包には使われません。

粘着力が弱いのでダンボールの組み立てには向いていませんが、ダンボールに養生テープを貼り、その上から中身を書いたり、「取扱注意」などの注意書きをしたりするのには便利です。

梱包テープの貼り方

一般的な貼り方は「一字貼り」という、ダンボールの長辺の合わせ目に沿ってテープを貼る方法ですが、それだと補強効果がありません。

重いものが入ったダンボールに梱包テープを貼る際にオススメなのが、「十字貼り」、「キ貼り」、「米字貼り」です。

せっかく強度が高い梱包テープを使っても、貼り方が悪いとテープが剥がれてしまう恐れがあります。重い荷物の入ったダンボールでもテープが剥がれないように、梱包テープの貼り方も工夫しましょう。

梱包テープの貼り方 強度
一字貼り 補強効果はほとんどない
十字貼り ある程度の補強効果がある
キ貼り 十字貼りよりも補強効果が高い
米字貼り 最も強度が高い
H貼り 補強効果はほとんどない

テープの貼り方については以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:ダンボールの組み方って?ガムテープの使い方と補強方法を紹介します!

まとめ

梱包テープは、梱包する際に必須です。

テープによって強度や用途に違いがありますので、梱包する荷物の重さ、発送の目的に応じてテープを使い分けるようにしましょう。

関連商品

エコピラーに関する情報はこちら

オルピタに関する情報はこちら

J1-BOXに関する情報はこちら

トップ > 豆知識 > 梱包テープの種類まとめ。それぞれの使い方も紹介します!