• トップ
  • 製品一覧
  • パッケージlab
  • ヒトモノコト
  • オンラインショップ
  • お問合せ 03-3912-5131  受付時間 : 8:00〜17:00 月〜金(第4・5土曜日)

豆知識・お役立ち情報

【簡単】本の梱包方法を解説します

買い取りやネット通販などで本を発送する機会があるとき、気になるのは配達中の水濡れや破損ですよね。

どんな商品にも言えることですが、何か物を梱包する時には、その商品に合った梱包をすることが大切です。 今回は初めて本を発送する方に向けて、簡単にできる本の梱包方法をご紹介します。

本の梱包に必要なもの

プチプチ

プチプチは荷物を衝撃から守ってくれる緩衝材です。

配送中はどうしても荷物に衝撃が加わるため、本が折れたり破れたりしてしまう恐れがあります。

配送中の破損を防ぐためにも、しっかりと本を包めるほどの量のプチプチを用意しましょう。

プチプチは100均やホームセンター、通販などで購入可能です。

関連記事:プチプチでの正しい梱包方法。向きや裏表はある?

ダンボール

1度に本を複数冊まとめて送る場合は、ダンボールを用意しましょう。 発送する本の大きさ、量に合ったサイズのダンボールを選んでください。丁度良いサイズを選べば、本とダンボールの間の隙間が少なくなるため配送中の振動などで本が傷みにくいうえ、送料を抑えられます。

関連記事:ダンボールにも種類がある!それぞれの違いや用途を紹介

封筒

本の厚さが3㎝以内の場合は封筒での発送が可能なので、数冊送る場合は発送する本の厚みを測り、封筒で発送できるかどうか確認してください。

クラフト封筒で発送するのが一般的ですが、封筒の内側に緩衝材がついている「クッション封筒」も便利です。クッション封筒を用意すれば梱包の手間を省けます。

OPP袋

OPP袋はポリプロピレンで作られた透明な袋で、主にラッピングやDM用の封筒などに使われています。 OPP袋は衝撃が加わっても破れにくく、防湿性・耐水性に優れています。本の梱包にはビニール袋を使っても良いのですが、できればOPP袋を使うのが理想です。

テープ

OPP袋で本を包む時に用いる「透明なテープ」と、ダンボールや封筒の封を閉じる時に用いる「クラフトテープ」を用意しましょう。

OPP袋に透明なテープを使えば見た目がキレイになり、ダンボールや封筒にクラフトテープを使えば、テープが剝がれにくくなります。

本のサイズ

梱包する際には、本のサイズに合った梱包材を使用することが大切です。 本のサイズは以下のようになっていますので、こちらを参考にして梱包材を用意しましょう。

A6判・新書判 148 × 105mm
B6判 182 × 128mm
四六判 188 × 128mm
A5判 210 × 148mm
B5判 257 × 182mm
A4判 210 × 297mm

本を梱包する時のポイント

水濡れを防ぐ

本は水に濡れるとインクが滲んで読めなくなってしまったり、見た目が悪くなったりしてしまうため、OPP袋で包んで水濡れ対策することが必須です。

本が破損しないように緩衝材を使う

配達中の衝撃で本が折れたり破れたりする恐れがありますので、本を衝撃から守れるような梱包が必要です。プチプチなどの梱包材を使い、本の破損を防ぎましょう。

中身が透けて見えないようにする

封筒を使って発送する場合には、封筒の外から中身が透けて見えないように配慮しましょう。本を封筒に入れた後に透けて見えないか確認し、透けて見える場合には封筒を変えたり、梱包の仕方を変えたりするなどの工夫をしてください。

【本の梱包方法】ダンボールを使う場合

1.本をOPP袋で包む

水濡れを防ぐために本をOPP袋で包み、しっかりとテープで留めます。

2.プチプチで包む

OPP袋で本を包んだら、さらにプチプチで包みます。

3.ダンボールに本を入れる

本の大きさ、量に合ったダンボールに、本を入れます。

4.ダンボールと本の間の隙間を埋める

ダンボールと本の間に隙間がある場合は、隙間に緩衝材を敷き詰めます。

隙間を埋めることで、配送中の破損を防ぐことができます。

5.クラフトテープでダンボールの封を閉じる

ダンボールの蓋が開かないよう、しっかりとクラフトテープで留めます。 大量の本を送る場合は重さで底が抜ける恐れがありますので、「キ貼り」や「米字貼り」をしてダンボールの強度を上げましょう。

※ガムテープを使ったダンボール補強方法については、以下の記事で詳しく解説しています。 関連記事:ダンボールの組み方って?ガムテープの使い方と補強方法を紹介します!

【本の梱包方法】封筒を使う場合

1.本をOPP袋で包む

水濡れを防ぐために本をOPP袋で包み、しっかりとクラフトテープで留めます。

2.プチプチで包む

OPP袋で本を包んだら、さらにプチプチで包みます。

3.封筒に入れる

封筒に本を入れ、しっかりとテープで留めます。

まとめ

今回は本の梱包方法や、梱包するときのポイントを説明しました。 本は配達中に水濡れしたり、破損したりする可能性がありますので、しっかりと梱包して発送することが大切です。

やり方さえ分かっていれば誰でも簡単に梱包できますので、本を送る時には今回紹介した方法で梱包してみてくださいね。

関連商品

エコピラーに関する情報はこちら

オルピタに関する情報はこちら

がんばる空気に関する情報はこちら

トップ > 豆知識 > 【簡単】本の梱包方法を解説します