• トップ
  • 製品一覧
  • パッケージlab
  • ヒトモノコト
  • オンラインショップ
  • お問合せ 03-3912-5131  受付時間 : 8:00〜17:00 月〜金(第4・5土曜日)

豆知識・お役立ち情報

ダンボールにも種類がある!それぞれの違いや用途を紹介

ダンボールには種類があり、それぞれ構造や用途が異なります。

ダンボールを扱う業者はもちろんのこと、ダンボールを利用して荷物を発送することが多い方も、ダンボールの種類をきちんと知っておきましょう。

ダンボールの構造

ダンボールは1枚の紙でできているのではなく、基本的には3枚の紙でできています。

「ライナー」と呼ばれる表の紙(表ライナー)と裏の紙(裏ライナー)に、波形の紙でできた「中しん」が接着されてダンボールになります。中しんの波形のことを「フルート」と言い、波の高さ(厚さ)によってダンボールの強度が異なります。

その他にもフルートやライナーの種類や材質、厚みなどを変えることにより、ダンボールの強度が変わっていきます。

なお、ダンボールの製函工程は、段ボールシートから箱成形までを機械で行います。

ライナー

ライナーは古紙、もしくは古紙とバージンパルプの混合を原材料にしています。

Cライナーは古紙が原材料で、Kライナーは古紙にバージンパルプが混ざっているためKライナーの方が強度は強く、価格も高くなります。

呼称 原材料 1㎡あたりの重量
C5 古紙 160g~170g/m2
C6
K5 古紙+バージンパルプ 170~180g/m2
K6 210~220g/m2
K7 280g/m2

【強度・価格】

C5<C6<K5<K6<K7

フルート

フルートの段が高いほどダンボールに厚みがでて、強度が高くなります。

Aフルート

表記:AF

段の高さ:4.5〜4.8mm

30cmあたりの段数:34±2

Aフルートは一般的なダンボールに使われています。段が高くて厚みがあるため強度があり、引っ越しや運搬などで多く使われています。

Bフルート

表記:BF

段の高さ:2.5〜2.8mm

30cmあたりの段数:50±2

Bフルートは段が低くて強度が低いため、軽量物の梱包に使われることが多いです。

Cフルート

表記:CF

段の高さ:3.5〜3.8mm

30cmあたりの段数:40±2

CフルートはAフルートよりも段が低いのですが段の数が多いため、Aフルートと同じくらいの強度があります。日本ではAフルートが主流ですが、海外ではCフルートが主流となっています。

Eフルート

表記:EF

段の高さ:1.10〜1.15mm

30cmあたりの段数:80以上

Eフルートは段が低くて強度は低いのですが、ダンボールの厚みを抑えることができるため、ギフト箱や個装箱に多く使われます。

Fフルート

表記:FF

段の高さ:0.60〜0.75mm

30cmあたりの段数:120以上

段が低い薄型のダンボールなので、メール便を発送する際の箱に使用されることが多いです。Fフルートはかさばらないため、保管場所が少なくてすみます。

Gフルート

表記:GF

段の高さ:0.50〜0.55mm

30cmあたりの段数:180以上

Gフルートは段が非常に低く、ダイレクトオフセット印刷が可能です。直接オフセット印刷ができるので短納期対応が可能となり、安価に製作できるメリットがあります。

Wフルート

表記:WF

段の高さ:8mm(AF+BF)

30cmあたりの段数:AF+BF

WフルートはAFとBFを重ねた構造のため強度が強いのが特徴です。重量物などの箱や輸出用に多く使われています。

ダンボールの種類

一般的なダンボールは「表ライナー」と「裏ライナー」、「中しん」で構成されている「両面ダンボール」という種類ですが、その他にも「片面ダンボール」、「複両面ダンボール」、「複々両面ダンボール」といった種類があります。

片面ダンボール

1枚のライナーに中しんを貼り合わせたダンボール

両面ダンボール

2枚のライナーの間に中しんを貼り合わせたダンボール

複両面ダンボール

両面ダンボールの片側に片面ダンボールを貼り合わせたダンボール(「Wフルート」のことです)

複々両面ダンボール

複両面ダンボールの片側に片面ダンボールを貼り合わせたダンボール

箱寸法は?

ダンボール箱の寸法は、「長さ×幅×深さ mm」で表示しています。

例えば、「600×400×200」と表記されている場合は、600mmと400mmがダンボール底面の縦横になります。数値が大きい方の寸法が「長さ」になりますので、600mmが長さ、400mmが幅になります。

最後の200mmがダンボールの深さ(ダンボールの蓋から底までの高さ)になります。

まとめ

普段何気なく使っているダンボールですが、よく見てみると用途によってダンボールに違いがあることが分かります。

内容物を守るためには用途にあったダンボールを利用する必要がありますので、「製品を作ってダンボールに詰めたい」、「荷物をダンボールに詰めて発送したい」といった方はダンボールの種類にもこだわってみてくださいね。

関連商品

J1-BOXに関する情報はこちら

オルピタに関する情報はこちら

トップ > 豆知識 > ダンボールにも種類がある!それぞれの違いや用途を紹介