オンラインショップ
電話問い合わせ
Web問い合わせ
緩衝材
梱包方法 緩衝材
電子部品の梱包方法やおすすめの緩衝材を紹介します
電子部品の梱包方法やおすすめの緩衝材を紹介します

電子部品は非常にデリケートなため、適切な梱包で品質を保護するとともに、運搬時の衝撃から電子部品を守る緩衝材を用いなくてはなりません。 電子部品を扱う業者はもちろんのこと、電子部品を発送することが多い方も、電子部品の適切な梱包方法や緩衝材について知っておきましょう。 電子部品の梱包方法 電子部品は非常に脆くて壊れやすいため、取扱いに気を付けなければなりません。輸送時の取扱いはもちろん、電子部品に適していない梱包材を使うと品質不良が発生する恐れもあるため注意が必要です。 電子部品の梱包のポイントとなるのが、「静電気対策」や「酸化防止」、「品質保護包装」です。 静電気対策 半導体製品や電子機器は静電気に弱いため、電子部品を衝撃から守る役割だけでなく、静電気からも電子部品を守る役割を果たす緩衝材を選…

電子部品は非常にデリケートなため、適切な梱包で品質を保護するとともに、運搬時の衝撃から電子部品を守る緩衝材を用いなくてはなりません。 電子部品を扱う業者はもちろんのこと、電子部品を発送することが多い方も、電子部品の適切な梱包方法や緩衝材について知っておきましょう。 電子部品の梱包方法 電子部品は非常に脆くて壊れやすいため、取扱いに気を付けなければなりません。輸送時の取扱いはもちろん、電子部品に適していない梱包材を使うと品質不良が発生する恐れもあるため注意が必要です。 電子部品の梱包のポイントとなるのが、「静電気対策」や「酸化防止」、「品質保護包装」です。 静電気対策 半導体製品や電子機器は静電気に弱いため、電子部品を衝撃から守る役割だけでなく、静電気からも電子部品を守る役割を果たす緩衝材を選…

梱包方法 緩衝材
カメラやレンズの正しい梱包方法を紹介。適した緩衝材は?
カメラやレンズの正しい梱包方法を紹介。適した緩衝材は?

カメラやレンズなどの精密機器を発送する際に気になることの一つが、配送中の破損です。 衝撃でカメラが壊れたりレンズが破損したりすると一大事ですから、しっかりと梱包しなければなりません。では、カメラやレンズにはどのような梱包方法が適しているのでしょうか? 今回はカメラやレンズの正しい梱包方法や、おすすめの緩衝材をご紹介します。 用意するもの カメラやレンズを梱包する際には、まず以下のような梱包資材を用意しましょう。 ・カメラケース(あれば) ・購入時の箱(あれば) ・ダンボール ・プチプチ ・バラ緩衝材 ・エアー緩衝材 ・ガムテープ ・セロテープ ・ケアマーク など カメラ、レンズの梱包方法 カメラ本体、レンズをプチプチで梱包する 精密機器のカメラは配送時の衝撃で破損する恐れがあるため、まずはカ…

カメラやレンズなどの精密機器を発送する際に気になることの一つが、配送中の破損です。 衝撃でカメラが壊れたりレンズが破損したりすると一大事ですから、しっかりと梱包しなければなりません。では、カメラやレンズにはどのような梱包方法が適しているのでしょうか? 今回はカメラやレンズの正しい梱包方法や、おすすめの緩衝材をご紹介します。 用意するもの カメラやレンズを梱包する際には、まず以下のような梱包資材を用意しましょう。 ・カメラケース(あれば) ・購入時の箱(あれば) ・ダンボール ・プチプチ ・バラ緩衝材 ・エアー緩衝材 ・ガムテープ ・セロテープ ・ケアマーク など カメラ、レンズの梱包方法 カメラ本体、レンズをプチプチで梱包する 精密機器のカメラは配送時の衝撃で破損する恐れがあるため、まずはカ…

梱包方法 緩衝材
ビンに適した緩衝材は?梱包方法と合わせて紹介
ビンに適した緩衝材は?梱包方法と合わせて紹介

ワインや日本酒などを贈る際に気になることのひとつが、「配送中の破損」ではないでしょうか。配送中にビンが割れてしまったら、せっかくの贈り物が台無しですよね。 ビンを傷つけずキレイな状態で受け取ってもらうために、緩衝材は欠かせません。 以下では、割れやすいビンに合った緩衝材や梱包方法をご紹介いたします。 ビンに適した緩衝材 プチプチ 「プチプチ」という名称で親しまれている気泡緩衝材は、ビンや食器、CDなど破損しやすいものを梱包するのに役立つ緩衝材です。 薄いビニールシートに空気が入っていて外部の衝撃からビンを守ってくれるため、配送時に多少の衝撃が加わっても、ビンが割れる心配はありません。 エアーキャップ、エアクッションなど様々な名称のものが各メーカーによって販売されていますので、サイズなどビンに…

ワインや日本酒などを贈る際に気になることのひとつが、「配送中の破損」ではないでしょうか。配送中にビンが割れてしまったら、せっかくの贈り物が台無しですよね。 ビンを傷つけずキレイな状態で受け取ってもらうために、緩衝材は欠かせません。 以下では、割れやすいビンに合った緩衝材や梱包方法をご紹介いたします。 ビンに適した緩衝材 プチプチ 「プチプチ」という名称で親しまれている気泡緩衝材は、ビンや食器、CDなど破損しやすいものを梱包するのに役立つ緩衝材です。 薄いビニールシートに空気が入っていて外部の衝撃からビンを守ってくれるため、配送時に多少の衝撃が加わっても、ビンが割れる心配はありません。 エアーキャップ、エアクッションなど様々な名称のものが各メーカーによって販売されていますので、サイズなどビンに…

緩衝材
送られたら嬉しい!お菓子の緩衝材を紹介します
送られたら嬉しい!お菓子の緩衝材を紹介します

お中元やお歳暮など、日本では古くから親しい方にプレゼントを贈る習慣があります。古くは、お中元やお歳暮といったプレゼントは贈りたい相手の自宅を直接訪ねて、手渡しをするというのがマナーでした。 しかし現在ではたとえ近くに住んでいる方であっても、宅配便というサービスを利用して自宅に届けるのが一般的です。あえて訪ねて行かないというのが現代のマナーといえるでしょう。 基本的な緩衝材 贈り物には日用品からお菓子・お酒など多種多様なものがあります。 この中で宅配便を使用して送ると、中身が壊れてしまう恐れがあるものがお菓子です。クッキー等は少し梱包材を揺らすだけでも中でぶつかり合って、粉々になってしまうものです。 せっかくプレゼントをして無残な形で渡してしまっては、贈った側・贈られた側の両方が悲しい思いをす…

お中元やお歳暮など、日本では古くから親しい方にプレゼントを贈る習慣があります。古くは、お中元やお歳暮といったプレゼントは贈りたい相手の自宅を直接訪ねて、手渡しをするというのがマナーでした。 しかし現在ではたとえ近くに住んでいる方であっても、宅配便というサービスを利用して自宅に届けるのが一般的です。あえて訪ねて行かないというのが現代のマナーといえるでしょう。 基本的な緩衝材 贈り物には日用品からお菓子・お酒など多種多様なものがあります。 この中で宅配便を使用して送ると、中身が壊れてしまう恐れがあるものがお菓子です。クッキー等は少し梱包材を揺らすだけでも中でぶつかり合って、粉々になってしまうものです。 せっかくプレゼントをして無残な形で渡してしまっては、贈った側・贈られた側の両方が悲しい思いをす…

緩衝材
気泡緩衝材にも種類がある?特徴を解説
気泡緩衝材にも種類がある?特徴を解説

気泡緩衝材とは 物品を輸送したり、引っ越したりするときに便利な気泡緩衝材は1957年に発明されました。材料は主にポリエチレンであり、その中に空気の入った突起を有することでクッション性を発揮します。 一般家庭で気泡緩衝材と呼ばれることは少なく、プチプチと呼ばれます。物流企業などはエアーキャップで統一しているところも多いです。プチプチとエアーキャップはどちらも登録商標であり、他にはキャプロンやエコロガードなどの名前があります。 気泡緩衝材の種類 その気泡緩衝材は発明されたときはポリエチレンの2層構造でしたが、強度向上を狙って3層になったものも開発されました。 3層構造の気泡緩衝材 気泡の入った凸面の上にさらに1枚のポリエチレンを貼り付けたもので、繰り返し利用することも可能です。さらに表面の凹凸が…

気泡緩衝材とは 物品を輸送したり、引っ越したりするときに便利な気泡緩衝材は1957年に発明されました。材料は主にポリエチレンであり、その中に空気の入った突起を有することでクッション性を発揮します。 一般家庭で気泡緩衝材と呼ばれることは少なく、プチプチと呼ばれます。物流企業などはエアーキャップで統一しているところも多いです。プチプチとエアーキャップはどちらも登録商標であり、他にはキャプロンやエコロガードなどの名前があります。 気泡緩衝材の種類 その気泡緩衝材は発明されたときはポリエチレンの2層構造でしたが、強度向上を狙って3層になったものも開発されました。 3層構造の気泡緩衝材 気泡の入った凸面の上にさらに1枚のポリエチレンを貼り付けたもので、繰り返し利用することも可能です。さらに表面の凹凸が…

緩衝材
緩衝材の代わりはこれ!代用品を紹介
緩衝材の代わりはこれ!代用品を紹介

引越しなどでダンボールに荷物を詰める時、気になるのが「間にできた隙間」です。 隙間をそのままにしていると、輸送中にダンボールの中で荷物が動いてしまい、破損や汚れたりする原因になります。 安全かつ確実に大切な荷物を送り届けてもらうためにも、緩衝材を使って隙間を埋めなければいけません。 緩衝材は家庭にあるものでもOK 一般的に緩衝材として使われるのは、プチプチです。 プチプチで荷物を包めばダンボールの中で動いても壊れたり汚れたりせず、空いた隙間に詰めるだけでもしっかりと固定できます。 そのためネット通販で商品を購入したときにも使われていますが、あまり荷物を送らない一般家庭では常備していないことも多いでしょう。 荷物を詰めたダンボールの隙間を埋めたいけどプチプチがないといったときには、慌てて用意す…

引越しなどでダンボールに荷物を詰める時、気になるのが「間にできた隙間」です。 隙間をそのままにしていると、輸送中にダンボールの中で荷物が動いてしまい、破損や汚れたりする原因になります。 安全かつ確実に大切な荷物を送り届けてもらうためにも、緩衝材を使って隙間を埋めなければいけません。 緩衝材は家庭にあるものでもOK 一般的に緩衝材として使われるのは、プチプチです。 プチプチで荷物を包めばダンボールの中で動いても壊れたり汚れたりせず、空いた隙間に詰めるだけでもしっかりと固定できます。 そのためネット通販で商品を購入したときにも使われていますが、あまり荷物を送らない一般家庭では常備していないことも多いでしょう。 荷物を詰めたダンボールの隙間を埋めたいけどプチプチがないといったときには、慌てて用意す…

緩衝材
荷物別!緩衝材の正しい選び方
荷物別!緩衝材の正しい選び方

物を送る際、商品の梱包は疎かにはできない重要な要素です。特に、利用者と直接顔を合わせることがないネット通販では、梱包は自身の印象を大きく左右する要素となります。 また梱包の中でも、“緩衝材”を適当に入れてしまうと、大切な贈り物が配送途中で破損してしまう可能性があります。特に破損したものが商品だった場合は、再発送などの手間がかかるだけでなく、送り相手に悪い印象を与えてしまいかねません。 贈り物や商品の発送をする時に備えて、荷物別の正しい緩衝材の選び方をマスターしておきましょう。 緩衝材の特徴と役割 そもそも、数ある緩衝材の主な特徴や役割は何なのでしょうか。 商品を衝撃から保護する 配送時の衝撃を緩和し、商品の品質を保護することが緩衝材の主な役割です。そのため、ほとんどの緩衝材は衝撃に耐えられる…

物を送る際、商品の梱包は疎かにはできない重要な要素です。特に、利用者と直接顔を合わせることがないネット通販では、梱包は自身の印象を大きく左右する要素となります。 また梱包の中でも、“緩衝材”を適当に入れてしまうと、大切な贈り物が配送途中で破損してしまう可能性があります。特に破損したものが商品だった場合は、再発送などの手間がかかるだけでなく、送り相手に悪い印象を与えてしまいかねません。 贈り物や商品の発送をする時に備えて、荷物別の正しい緩衝材の選び方をマスターしておきましょう。 緩衝材の特徴と役割 そもそも、数ある緩衝材の主な特徴や役割は何なのでしょうか。 商品を衝撃から保護する 配送時の衝撃を緩和し、商品の品質を保護することが緩衝材の主な役割です。そのため、ほとんどの緩衝材は衝撃に耐えられる…

緩衝材
緩衝材の種類とそれぞれの特徴を紹介します
緩衝材の種類とそれぞれの特徴を紹介します

インターネット上で商品を購入するのが当たり前となった昨今、需要の高まりを見せているのが梱包に利用される緩衝材です。ネット通販を運営する方はもちろん、オークションサイトやフリマアプリなども普及したことから、一般の方が緩衝材を利用する機会も増加傾向にあります。 緩衝材とは そもそも緩衝材とは、配送時の衝撃から商品を守るために使用される素材で、商品を包んだり箱と商品の隙間を埋めたりするために利用されています。基本的には、緩衝材があれば多少の衝撃が外部から加わったとしても商品は守られますが、適切に使用しなければ配送中に大切な商品が破損してしまう恐れがあります。その結果、購入者とのトラブルに発展する恐れがあるため、商品の梱包に携わる方は緩衝材の種類とその特徴を知り、適切に使用することが大切です。 一口…

インターネット上で商品を購入するのが当たり前となった昨今、需要の高まりを見せているのが梱包に利用される緩衝材です。ネット通販を運営する方はもちろん、オークションサイトやフリマアプリなども普及したことから、一般の方が緩衝材を利用する機会も増加傾向にあります。 緩衝材とは そもそも緩衝材とは、配送時の衝撃から商品を守るために使用される素材で、商品を包んだり箱と商品の隙間を埋めたりするために利用されています。基本的には、緩衝材があれば多少の衝撃が外部から加わったとしても商品は守られますが、適切に使用しなければ配送中に大切な商品が破損してしまう恐れがあります。その結果、購入者とのトラブルに発展する恐れがあるため、商品の梱包に携わる方は緩衝材の種類とその特徴を知り、適切に使用することが大切です。 一口…

(全8件中/8件表示)

お問い合わせ

御見積のご依頼や、サービスに関するご質問やご相談、資料請求などはお気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ(※受付時間 平日8:00〜17:00)

03-3912-5131

お電話でお問い合わせ

受付時間 平日8:00〜17:00
Webでお問い合わせ お問い合わせ