• トップ
  • 製品一覧
  • パッケージlab
  • ヒトモノコト
  • オンラインショップ
  • お問合せ 03-3912-5131  受付時間 : 8:00〜17:00 月〜金(第4・5土曜日)

豆知識・お役立ち情報

引越しの荷造りの手順は?梱包方法やコツも紹介

引っ越しの作業で最も時間がかかるのは、荷造りです。初めての場合は当初の想定以上に時間がかかってしまい、引っ越し当日になっても終わらない事態に陥ります。

引っ越し当日までに終わらせることができないと、追加料金が発生したり予定したスケジュールどおりに進まないなどのトラブルが発生します。

トラブルなくスムーズに引っ越しを終えるためにも、荷造りは後回しにせず早めに、計画的に行うようにしてください。

引っ越しをしよう!荷造りの手順を解説

荷造りを始めようとしたものの、最初に悩むのはどこから手を付けるべきか悩むかもしれません。引っ越しの荷造りには押さえておきたいコツがあり、間違った手順で始めてしまうと無駄に手間や時間がかかってしまいます。無駄な手間や時間をかけず効率的に終わらせるためにも、効率的な荷造りの手順を意識しながら始めましょう。

荷造りを始めていくときは、部屋をブロックごとに分けるのがポイントです。部屋ごとにブロック分けして荷物をまとめておくと、新居に引っ越し開封したときの片付けが楽になります。さらにブロックのなかでも同じ部屋で使うもの、用途が似ているものなどグループ分けしながらまとめておけば、荷解きをしたときにどこに何を入れたかわからなくなることもないでしょう。開封したときのことも考えながら、荷造りを進めてください。

引っ越しの荷造りは、普段使いしないものから梱包していくのもポイントです。たとえばシーズンオフの衣類は、今すぐ必要なものではありません。早めに梱包しても引っ越しが終わるまで使う可能性は限りなく低いので、最初に荷造りをしても問題ありません。

同じように読まない本や聴かないCD、予備のキッチン用品や食器などもすぐに使わないものなので、最初に梱包しておきましょう。逆に日常生活で頻繁に使用するものは、後回しにしましょう。もし先に普段から使用しているものを梱包してしまうと、使いたくなったらせっかく梱包したダンボールを開けなければいけません。二度手間になってしまいますから、使う頻度を考えながらグループ分けをして、使わないものから梱包していくのは基本です。

具体的に最初に荷造りを行うのは、シーズンオフの衣類やベッドの周辺にある小物、リビングならDVDやヘッドホンなどから荷造りします。洗面所なら買い置きしてある洗剤や石鹸、キッチン周りなら来客用の食器など使用頻度を考えながら先に梱包していきます。このように使用頻度の低いものを先に荷造りしたら、次は引っ越し当日まで使うかもしれないものの順番です。

たとえば現在着ている洋服やブラシ、ドライヤーなどのアイテムは、当日まで使うので後回しで構いません。また食器類も普段使っているお箸やお茶碗なども、後回しにしておきましょう。使用頻度は高くはないものの、もしかしたら使うかもしれないものは一つのダンボールにまとめて入れて、ガムテープで封をしないでおきましょう。もし必要になったらダンボールから取り出し、使い終わったら元に戻してください。封のタイミングは引っ越し当日で良いので、とりあえずまとめて入れておきその都度取り出すのがおすすめです。引っ越し当日まで使うものは、前日の夜や当日の朝にまとめて梱包しガムテープで封をしましょう。

荷造りの注意点について

これで荷造りは完了しますが、全て終わったあとに思いがけない荷物が出てくる場合もあります。そのため最後に封をするダンボールは、ある程度中身に余裕を持たせておくのがポイントです。中身に余裕があれば小物程度なら一緒に入れられますし、予備のダンボールがあればサイズが大きくてもすぐに梱包できます。余裕を持って準備をしておくのも、スムーズに荷造りするコツです。荷造りでは順番も重要ですが、梱包方法も押さえておきたいポイントです。お皿やコップなどの食器類を梱包するときには、一つ一つ新聞紙で包みましょう。

丁寧に包むことによって緩衝材の役割を果たしてくれ、食器が割れてしまうのを防ぐことができます。キッチン用品もスプーンやフォークなどのカトラリー類とまとめて梱包し、すぐに使えるようにしておくと便利です。すぐに取り出せるようにしておくと、新居で料理をするときもスムーズに必要なキッチン用品を取り出せます。包丁などの刃物は、小さめのダンボールを二つ折りにして刃の部分をしっかりと包み、抜け落ちないようにガムテープで留めてください。

まとめ

梱包方法が悪いと怪我をする原因になるので、安全には配慮しましょう。衣類はしわになるのを防ぐため、少し大きめのダンボールを用意するのがポイントです。もし引っ越し業者が衣類専用のボックスを用意してくれるなら、それを利用するのも良いでしょう。

梱包するときにはオフシーズンの衣類から先にいれ、どこに何を入れたのかわかるリストを作っておくのもおすすめです。またクローゼットやタンスの中で近い位置にあった衣類をまとめておくと、引っ越し後の整理整頓もスムーズになるでしょう。引っ越しの荷造りは、これらのポイントを押さえておくとスムーズにできます。

トップ > 豆知識 > 引越しの荷造りの手順は?梱包方法やコツも紹介