• トップ
  • 製品一覧
  • パッケージlab
  • ヒトモノコト
  • オンラインショップ
  • お問合せ 03-3912-5131  受付時間 : 8:00〜17:00 月〜金(第4・5土曜日)

豆知識・お役立ち情報

パソコンの梱包方法は?ノートパソコン・デスクトップパソコン別にポイントを解説

オークションでの出品や引っ越し、修理などでパソコンを発送する際に気になるのが「運搬中の衝撃による故障」だと思います。

大事なパソコンが故障しないためには、パソコンに合った梱包が必須です。

以下でしっかりとパソコンの梱包方法を確認していきましょう。

準備する梱包材

パソコンを送る際には、まず梱包材を準備しなくてはなりません。

ノートパソコンやデスクトップパソコンを梱包する際には、以下の梱包材があると便利です。

・ダンボール ・プイプチ ・ビニール袋 ・ガムテープ ・毛布、タオル ・新聞紙や雑誌

ノートパソコンの梱包方法

ノートパソコンが入るダンボールを用意する

まずはノートパソコンが入るダンボールを用意してください。

ノートパソコン購入時の箱があれば、そちらを利用してください。購入時の箱がない場合は、丁度良いサイズのダンボールを使いましょう。

ノートパソコンは閉じた時に厚みがないので、浅いダンボールを用意するのがオススメです。手頃なダンボールがない場合には、ホームセンターや通販などでノートパソコン用のダンボールを購入しても良いでしょう。

ダンボールに緩衝材を敷く

パソコンが運搬中に破損しないよう、ダンボールに緩衝材を敷き詰めます。緩衝材はエアー緩衝材を用いたり、新聞紙や雑誌を丸めたりして代用してください。

ノートパソコンをビニールで包み、プチプチで包装する

ノートパソコンを直接ダンボールに入れるよりも、ビニールとプチプチで包装した方が受取人に良い印象を与えます。

また、ビニールやプチプチで包んでからダンボールに入れることで運搬中の衝撃からノートパソコンを守れるほか、雨でノートパソコンが濡れるのを防ぐこともできます。

プチプチは100均やホームセンター、通販などで購入できますので、ノートパソコンの大きさに合ったものを使用してください。ケーブルなどの付属品も忘れずにビニールとプチプチで包装するようにしましょう。

ノートパソコンをダンボールに入れ、緩衝材を敷き詰める

ビニールとプチプチで包装したノートパソコンと付属品を緩衝材が敷かれたダンボールの中央に入れ、さらにノートパソコン本体の上に緩衝材を敷き詰めます。

緩衝材にはエアー緩衝材や新聞紙、雑誌などを使用してください。パソコンがダンボールに触れないよう、上下左右隙間なく緩衝材を敷き詰めるのがポイントです。ダンボールを上下左右に揺らした時、中のノートパソコンが動かないようにしましょう。

ダンボールの蓋をガムテープでしっかり閉じる

ダンボールの蓋を閉じて、しっかりとガムテープで閉じます。

運搬中にダンボールの蓋が開かないよう、きちんと固定するようにしてください。ダンボールの底もガムテープで補強しておくと底が抜けにくくなって安心です。

デスクトップパソコンの梱包方法

デスクトップパソコン梱包前の注意点

ノートパソコンもデスクトップパソコンも精密機器なので、引っ越しなどの運搬中に振動で故障してしまうことがあります。特にデスクトップパソコンはHDDやCPUクーラーが振動で破損しやすいため注意しましょう。

きちんと梱包するにしても、最悪の場合を考えて事前にデータをバックアップしておくことが重要です。

デスクトップパソコンが入るダンボールを用意する

購入時の箱がある場合には、そちらを使用します。購入時の箱がない場合には、デスクトップパソコンのサイズに合ったダンボールを用意してください。

丁度良いサイズのダンボールが手元になければ、ホームセンターや通販などでデスクトップパソコン用のダンボールを購入することもできます。

また、デスクトップパソコン本体とディスプレイを梱包する場合は一緒のダンボールに入れるのではなく、別々のダンボールに入れるようにしてください。デスクトップパソコン本体とディスプレイを一緒にダンボールに入れると、パネルが割れてしまう恐れがあります。

ダンボールに緩衝材を敷く

デスクトップパソコンを運搬中の衝撃から守るため、ダンボールにエアー緩衝材や新聞紙、雑誌などの緩衝材を敷き詰めます。

デスクトップパソコンから付属品を取り外す

ケーブル類などの付属品はデスクトップパソコン本体から取り外し、結束バンドなどでまとめておきましょう。

デスクトップパソコン、付属品を包装する

デスクトップパソコン本体やディスプレイ、ケーブルをそのままダンボールに入れると破損するリスクが高まりますので、それぞれプチプチや毛布、タオル、シーツなどで包みます。

デスクトップパソコンをダンボールに入れ、緩衝材を敷き詰める

デスクトップパソコンを緩衝材が敷かれたダンボールの中央に入れ、その上に緩衝材を敷き詰めます。緩衝材にはエアー緩衝材や新聞紙、雑誌、毛布、タオル、シーツなどを利用すると良いでしょう。

隙間があるとデスクトップパソコンに振動が伝わりやすくなりますので、上下左右に隙間ができないようにしてください。ダンボールを上下左右に揺らして、中のデスクトップパソコンが動かないか確認しましょう。デスクトップパソコン本体とディスプレイは別々のダンボールに入れるようにしてください。

ダンボールの蓋をガムテープでしっかり閉じる

最後にダンボールの蓋を閉じて、しっかりとガムテープで閉じます。

デスクトップパソコンは重さがあるため、底が抜けないようにダンボールの底もガムテープで補強しておきましょう。ダンボールに「本体」、「ディスプレイ」と記載しておけば荷解きする際に便利です。

まとめ

パソコンは精密機械のため、運搬中に故障してしまうこともあります。大切なパソコンを守るためには、手間を惜しまずにしっかりと梱包することが大切です。まずは梱包材を準備するところから始めてくださいね。

トップ > 豆知識 > パソコンの梱包方法は?ノートパソコン・デスクトップパソコン別にポイントを解説